どM関西弁女をスプラッシュ!

和歌山まで出張に行ったので、和歌山の方言を研究するために現地の女の子をホテルに呼んでみました。もちろんデリヘルです。方言に興味があると言うのは本当だったので、地元の子をお願いしました。半年前まで、OLをしていたという23歳の若い子がやってきました。関西なまり全開で、非常に新鮮!やはりテレビで耳にするような関西弁(大阪方言?)とはちょっとイメージが違うんですね。ちょっと勝気な感じに見えたんですが、実は奥手で恥ずかしがり屋。自分からは積極的に攻めてこようとしてきません。むしろ、責められるのを待っているような…そうです、どMだったんです。なるほど、と気づいた私は、果敢に攻めました。「あかん!」と漏れ出す関西弁に、興奮が高まります。感じるときも訛っているなんてあざとい、あざとすぎます!けしからんと、さらにハードプレイを続け、ついには潮を吹かせることに成功。正直、風俗で体験したの初めてです。本当にいやらしい女でした。

合わせ読み